ウォーターサーバーと浄水器の水の質とコストの違い

自宅でおいしい水を飲みたいときには、浄水器を取り付けるか、ウォーターサーバーを設置するか迷っている人もいるでしょう。

浄水器は蛇口の部分に取り付けるタイプなどが販売されていますが、基本的には水道水をろ過して綺麗にして飲むことになります。一方で、ウォーターサーバーでは装置をレンタルするなどして設置するときに、メーカーと契約をして天然水やRO水を定期購入することになります。

 

メーカーごとに様々な種類の水を取り扱っていますので、富士山の天然水などを美味しく飲むことも可能です。浄水器と比較したときには、ウォーターサーバーのほうが質の良い水を飲むことができます。浄水器は機能やサイズによって、設置するためのコストは数千円~数十万円と価格帯の範囲が広い特徴があります。浄水器の種類によっては、取り付け工事が必要なものや維持管理費がかかるものも存在しています。ウォーターサーバーを設置するためには、メーカーとレンタル契約を行うことや、交換用のボトルの購入、電気代などが必要になります。

 

近年では、レンタル料金やお水の送料が無料になっているメーカーも増えていますので、毎月のコストが安くなっています。ランニングコストとして考えると、1か月あたり2000~6000円ほどの費用でおいしい水を飲めます。500mlあたりの料金として計算すると、100円以下の価格となりますので、スーパーでペットボトルのミネラルウォーターを購入している人であれば、自宅にサーバーを設置したほうが節約になります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*