日本人向きのウォーターサーバーの種類について

ウォーターサーバーの設置を検討しているときには、水の味も重要な要素になると思います。

ウォーターサーバーの場合には事前に味を飲み比べるということができませんので、水に含まれている成分であったり、口コミ情報を参考にして決める方法が一般的です。味の基準となるものは水の硬度で、硬度が高い水のことを硬水、硬度が低い水を軟水と呼んでいます。硬度値に関しては、水に含まれているマグネシウムやカリウム、ミネラルなどの成分量によって違いが出ます。

 

水の硬度を数値で表したときには、0~59のものが軟水、60~119のものが軟水または中硬水、120~179のものが硬水というふうに分けることができます。日本で採取できる水の多くは軟水で、ヨーロッパの水は硬水が多くなります。日本は降水量が多くて、透過性に優れている火山性の地層が多いために軟水が多くなると考えられています。従って日本人の口に適している水の種類は軟水ということが可能で、軟水は飲んだときの柔らかさや口当たりが軽い特徴があります。硬水では口に含んだときに角があるように感じるので、喉を通過するときも飲みにくいと感じる人が多いです。

 

日本人に適したウォーターサーバーの種類としては、プレミアムウォーターやフレシャス、クリクラオネなどがあります。採水地を選択できるメーカーであったり、富士山から採水された天然水を提供しているメーカーも存在しています。富士山の天然水であれば、軟水でバナジウムも含まれているために、美容や健康に良い効果があると考えられています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*