業務用に良いウォーターサーバーの種類について

現在では一般家庭用として使われることが増えているウォーターサーバーですが、従来は法人向けの商品でした。

現在でもサロンや飲食店、病院などで数多く使用されていて、会社に設置されているところもあると思います。業務用として使用するときには、人数が多ければそれだけ消費される水が多くなることを考慮する必要があります。

 

1人あたり1日につき500mlの量を飲むと考えると、社員が20人いる会社であれば1日あたり12Lの水が必要です。1本あたりの単価が200円の差があれば、トータルで考えたときの差が大きくなりますので、利用する人数によってウォーターサーバーの種類を検討することが大切になります。コストを重視するのであれば、高値の天然水よりも安値のRO水を選択することがおすすめです。多くの人数が利用する会社であればRO水がおすすめで、来客向けとして考えるのであれば天然水のものを選択することも良い方法となります。経営状態を考慮に入れて、どこまで水にこだわるかによって選ぶ種類が変わってくると言えます。ウォーターサーバーの宅配の種類には、ワンウェイ方式とリターナブル方式があります。

 

一般家庭であればワンウェイ方式のものの普及が広がっていると言えますが、ワンウェイ方式では使い捨てのボトルのタイプとなることから、水の消費量が多くなると手間がかかります。リターナブル方式のものであれば、飲み終えたボトルをメーカーが回収してくれる方法となりますので、ボトルを処分する手間を省くことができます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*