ウォーターサーバーは災害時の備蓄用に最適です

日本は震災などの災害が多いために、水道水が使用できなくなることも考えておいたほうが良いです。

ウォーターサーバーは、災害時においても備蓄水の対策として利用できます。東日本大震災のときに水道水が使えなくなったときでも、ウォーターサーバーの水を利用できたという実績もあります。備蓄用として使用するときには、1人あたりにつき最低でも3L分が3日必要になりますので9L用意しておくことが大切になります。

 

1人あたりにつき必要な水の量は、最低限のレベルで計算していますので9L用意していたからといって、必ず安心というわけではありません。家族構成が4人であれば、4人分の水を9Lということで36Lの水を備蓄しておく必要があります。500mlのペットボトルでそれだけの水の量を確保することは、72本分が必要になりますので大変です。しかも、定期的に賞味期限を確認して新しいものに、買い換える必要もあります。

 

ウォーターサーバーであれば水が無くなる前にメーカーが宅配してくれますので、定期的に補充できるメリットがあります。いつでも新鮮な水を用意することができますので、自分で管理しなくても済みます。家族の人数に合わせて、必要な数量のボトルを準備しておくことで災害時の備えとして十分に対応ができます。ウォーターサーバーについて、停電したときに水が使用できるのかと疑問を感じている人もいるでしょう。ウォーターサーバーは停電していても問題なく使用することが可能で、停電時に給水できるサーバーであれば、電気が停まっていてもコックをひねることで水を出すことができます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*