浄水器選びのポイント特徴や価格は?

ここ数年で、浄水器の普及率は約4割を超え、どこの家庭でも普通に浄水器をつけるようになってきました。以前と比べると価格もかなり安くなってきており、導入することへのハードルが下がったことも理由のひとつにあげられます。浄水器を選ぶポイントはいくつかありますが、多種多様な商品が販売されていますので最終的には自分が何を一番重視するかによって適した商品が何なのかが見えてきます。不純物が取り除けられれば十分なのか、カビ臭や、カルキ臭など臭いを取り除きたいのか、徹底的に有害な物質を取り除きたいのかなど、求める浄水機能によって選ぶべき商品は変わります。

不純物や臭いを取り除くだけで十分だという人には蛇口に取り付けるタイプの製品で十分な満足感が得られるでしょう。価格帯は3000円~7000円くらいの製品が多く、フィルターも月額1000円程度のものがほとんどです。他のタイプのものと比べると性能が高いとはいえませんが、安くて簡単に設置できるため、現在一般の家庭では主流になっています。最低限の不純物や臭いをカットしたいという人におすすめのタイプです。

しっかりと有害な物質を取り除きたい場合は据え置き型の浄水器を選択することになります。浄水性能の高い製品になると蛇口取り付け型と比べ価格は上がり、タンクの容量が2Lタイプで30000円くらい、さらに大きな容量のものだと70000円ほどになってきます。浄水タンクがついていることで蛇口タイプに比べると高性能なろ過装置が使えるため、浄水機能が高く、良いものだとほとんどの有害な物質を取り除くことができます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*