浄水器の価格相場について

浄水器は水を浄水することで不純物を取り除き飲料水として使うことができるものです。日本では上水道が整備されており、安全な水を飲むことが出来ますが水道は浄水場から蛇口まで届くまでに水道管を通じて送られてくるため途中で汚れたりします。また水の品質を保つために塩素が添加されているなど、安全ですが、身体に対してはあまりよくありません。このようなことから浄水してから飲む家庭も多くそれに使われるのが浄水器です。

浄水器の種類としてはフィルターで濾過するものが一般的で、形はポット型のほか蛇口直結型、据え置き型、ビルトイン型があり、価格も変わってきます。ポット型の価格相場は1、800円から3、500円とリーズナブルですが、濾過するために時間がかかるため、飲みたい分だけを作るといった用途に使われます。蛇口直結型は、3、000円から7、000円で一般的に使われているものですが、蛇口に取り付けるため利用できるフィルターの大きさが限られることもあって、定期的なカートリッジの交換が必要になります。また浄水能力も限られます。

据え置き型やビルトイン型は価格は高めですが比較的大型で安定した浄水能力があり、カートリッジの交換頻度も長いメリットがあります。据え置き型の価格相場は30、000円から50、000円で、ビルトイン型は50、000円から100、000円です。また取り付けるさいには、水道管の加工が必要な場合もあり業者に依頼しなければいけないケースもあります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*