浄水器の種類と価格について

現在多くの家庭で浄水器を使用していますが、その機能や設置方法などに違いがありここではそれらの種類と価格について紹介いたします。わが国の水道水は安全基準値設けられていて、その基準に適合した水が供給されています。水質の悪い諸外国に比べると安全性が高く、飲み水としは問題なく、現に浄水器を使用してない方も珍しくはありません。しかし、味についてはカルキや有機物・カルシウム・マグネシウムさらには水道管の臭い等の影響で、必ずしも美味しい水ではありません。

水道水をより安全に美味しく飲みたいという場合には、浄水器を使用するのも方法です。製品については、種類や設置方法・性能などにより価格に違いがあります。ここでは、製品の選び方と価格について紹介したいと思います。使用実績が多いのは蛇口に直接取り付けるタイプの機種です。

複雑な工事などの必要もありませんが、フィルターは2000円から6000円で、年に3回程度交換が必要になります。次にシンクに設置するタイプです。卓上型とも呼ばれ据え置き型で蛇口型より大きめのフィルターで、長持ちしてろ過機能も高性能なものが多いです。本体が20000円から80000円でフィルターは5000円から20000円で6ヶ月から1年程度で交換が必要になります。

さらに、キッチンのシンク下に設置するタイプでアンダーシンク型とも呼ばれ、流し台の下に設置することで違和感もありません。本体が20000円から100000円でフィルターは10000円から20000円で6ヶ月から1年程度で交換が必要になります。そして使いやすいポット型です。使い方が簡単でポットにカートリッジを装着し、水を注ぐだけで浄水できるので難しい手間が要りません。

誰でも簡単においしい水が作れて飲めますし、夏はそのまま冷蔵庫で冷やすこともでき、持ち運びできる機種もあります。岡山のトイレの水漏れのことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*